債務整理を行うなら任意整理で解決しよう

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産といった手続きがあります。借金が軽いほど左よりの手続きとなります。支払い能力が無い場合は、一番右の自己破産の手続きになる可能性が高いです。

何が言いたいかというと、支払い能力がある間に、任意整理で借金を整理しましょうと言いたいのです。任意整理ならば、裁判所を通す必要はありません。

裁判所を通して手続きすると無駄な手間と時間がかかります。このように考慮するなら任意整理のほうが良いとわかるはずです。

そして任意整理は債権を選択する事が出来るのです。債権とは借金です。ある業者の借金だけは外して、残りの借金は片付けるといった事が、任意整理なら可能となっています。個人再生や自己破産では債権者を選べません。任意整理は他の手続きと比べ自由度が高いと言えるでしょう。

しかし、この任意整理はどんな人でも手続き可能ではないのです。任意整理で整理した借金の金額を3年から5年で完済できないと無理となっています。

ですから債務者の方は借金が少ない段階で、債務整理の相談を行なってください。そして任意整理が選択できる間に手続きに入りましょう。 債務整理 茨城|過払いなら茨城借金相談ホットライン  http://firstsearchhere.com

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ